2012年08月24日

英語学習には、マインドマップを利用しよう。

マインドマップって御存知ですか?とっても便利な思考ツールですよね^^
このマインドマップって勉強するときにも役立つんですよ。

英語学習で単語や語彙力を高めるにはいろいろいな方法があります。語彙力アップには単語帳を作って覚える方法、語呂あわせで覚える方法、英語名を書いたポストイットを身近なものに貼り付けて覚える方法、多読して覚える方法などなどさまざまなものがありますね。

英語力・語彙力アップにつながる方法の一つ、マインドマップについてご紹介します。マインドマップは1960年代にイギリスのトニー・ブザンが発案・提唱したもので、脳の可能性を引き出していくテクニックで<マインドマップの書き方>・無地の紙を準備します(紙は横長で使用)・紙の真ん中にテーマを書きます ・真ん中のテーマを中心に、その周りにテーマに関するメイントピックの絵と言葉(1ワード)を書きます・メイントピックにつながることを思いつくままに、どんどん枝別れさせ、キーワードとなる単語を書いて行くという方法を取っています。

このように、英語学習でのマインドマップはかなりの味方となるでしょう。単語やちょっとした説明文などを英語で書くことで語彙力アップに繋がります。
タグ:英語 英会話
posted by 更新系日記 at 12:00| Comment(0) | 勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オンラインでFX取引が出来るサイト